福山真魚が逮捕されたけど箱根駅伝の成績はどんな感じ?

公開日: 

今日はちょっとびっくりするニュースを発見してしまった。

過去に箱根駅伝で活躍した、上武大学の福山真魚さんが、セ○ハラで逮捕されたと言うのである。

上武大学と言えば、陸上ではそんなに有名じゃなかったけど、ここ最近伸びてきて2009年に箱根初出場を果たした大学。

スポーツの第一線で活躍してきた選手が、こうやって逮捕されるのは残念だけど、実は福山真魚ってそこそこすごい選手だったんですよね~。

そんな福山真魚元選手について、ちょっといろいろ書きたいと思います。

スポンサードリンク

 

福山真魚って、箱根では速かったの??

 

福山真魚は上武大学で2006~2009年度の間に陸上部で活躍していた選手。

熊本国府高校出身で、10000mのベストは29.28.6820kmのベストが1.00.58

ぶっちゃけそこまで速くないですが、それは大学トップクラスの選手と比べた場合であって、箱根未出場の大学にとっては、主力となり十分活躍できる選手です。

 

そして気になる箱根駅伝での成績が、

2008年:5区 1.20.47(区間3位)(学連選抜で出場総合4位)

2009年:5区 1.22.28(区間10位)(大学の総合順位21位)

2010年:5区 1.22.27(区間5位)(大学の総合順位15位)

箱根駅伝で言う5区と言えば山登りのコースで、箱根で一番距離が長く、視聴率も上がる見どころのコース。

簡単に言えば10区間の中での「一番重要な区間」です。

ここで区間賞を取った人は、代々「山の神」と言われ、今井正人選手、柏原竜二選手、神野大地選手などテレビで話題になった人々がいます。

 

福山真魚はこの区間で3位、10位、5位と言う成績だったんですが、ぶっちゃけこれは本当にすごい!

スポンサードリンク

しかも初出場の大学で、周りに超有名選手も走る中でこの成績は立派です。

丁度この時は柏原竜二選手が走っていて、1時間17分台で山の神になってましたが、山登りの適正で4~5分は平気で差が付くコースなので、福山真魚選手のこの記録は素晴らしいです。

チームの順位が落ちる中、彼の走りはチームの救いとなる走りでした。

他の選手の走りを見ても、10区で区間賞を取った福島選手に並ぶ、上武大学では一番の功労者ですね。

往路と山の重要性を考えると、福島選手以上の活躍だったかもしれません。

 

しかーーーし!!

5年後の現在、まさかの大学に泥を塗ってしまう逮捕の報道!

これは本当に恥ずかしい~~~

マラソンや駅伝で名前をとどろかせるはずが、まさかの一番恥ずかしい行動で報道されてしまうなんて!

これは本人にとっても大学にとっても、過ちどころじゃない汚名がかぶってしまってもうねwww

 

ちなみに2016年の箱根駅伝は、上武大学は予選会でライン通過ギリギリとなる10位で出場が決まってます。

11位の国士舘大学とは10秒差で、本当に手に汗握る展開でした、泣けました。

2016年箱根駅伝予選会の様子。

いやこれは本当に泣ける。。予選会も毎年面白いです。

 

今回の事件は今年走る選手や、卒業したOBにも失礼だ!!

福山真魚!!反省しろ!!!

 

まー反省してもらうのは当然として、選手やOBにはいい反面教師として見てもらいたいと思います。

箱根に出場する選手たちも、別にそんなのどうでもいいでしょうし、自分たちの走りに集中するでしょうしね。

それにしても国税局職員なのに、とんでもない事やってしまいましたな。

仕事でいろいろと疲れていたのかも。

 

箱根駅伝2016を徹底予想!優勝は青学・駒大・東洋か? 

 

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

"); pageTracker._initData(); pageTracker._trackPageview();
PAGE TOP ↑