コーヒーの口臭を消す効果的な方法と対策。原因はなぜなの?

公開日: 

仕事中や休憩時間にコーヒーを飲む人は多いと思います。

カフェインが含まれているので眠気を覚ます効果がありますし、気持ちを落ち着かせるのにも役立ちますよね。

僕もコーヒーは好きでよく飲んでいるのですが、気になるのがその口臭。

前にカフェオレ飲んだ友人がしゃべっていたら、ものすごい口臭がして、それ以来自分が飲む時はすごく気にするようになりました。

(もちろんその場で友人には何も言わなかったんですが・・・)

今回はコーヒーによる口臭の、原因や対策について書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

 

なぜ口臭がする?原因は何なのか

 

コーヒーを飲んだ時に起こる口臭の主な原因は、飲んだ後「舌」につく「舌苔」と呼ばれるものです。

よくご飯を食べた後に、自分の舌を鏡で見てみると、舌の中部分に白い汚れのようなものが付いていたりすると思いますが、これが舌苔ですね。

特にコーヒーに含まれている「カフェイン」や「ミルク」などは舌苔として付きやすく、それが原因で口臭が発生する場合が多いようです。

またコーヒーの場合はカフェインにより口の中が乾燥しやすく、それによりさらに口の中でバクテリアが増殖しやすくなると言われています。

朝起きた時と同じで、唾液の量が少なくなり口の中が乾燥すると、バイ菌が繁殖して口臭が出やすくなりますからね。

 

口臭を消すための効果的な方法や対策

 

 舌を磨く 

最も効果的なのは、歯ブラシで舌を磨くことです。

舌苔や歯についたカフェインを磨いて落とすことで、口臭はかなり改善されます。

コーヒーを飲んだ後に、洗面所などがあって歯を磨ける環境にある時は、一番の対策になるでしょう。

汚れは溜まっていくほどに落としにくくなるので、こまめにケアするのが一番ですね。

スポンサードリンク

 

 ガム・フリスク・口臭用の錠剤など  

舌を磨きたいと思いつつも、時間や環境が無かったりする場合もあると思います。

そんな時に効果的なのが、ガムやフリスクなど口の匂いをコントロールしてくれるアイテム。

なるべく甘いものではなく、ミント系のスースーする味を選ぶのがおすすめです。

ある№1キャバ嬢は、自分が№1になれたのはフリスクがあったからと言う人もいるのだとか。

最近は「ブレスケア」など、口臭改善用のものもあるので、そういったものでもいいですね。

 

 マスクをする 

一番手っ取り早く確実なのが「マスクをする」ですね。

最近では風邪や花粉症でマスクをしている人は大勢いますし、「ちょっと風邪気味で・・」「花粉症が・・」と言えば、みんな納得してくれます。

口臭も相手には伝わりませんし、完璧なガード法と言えるでしょう。

ちなみにマスクは「自分の心を隠す」と言う精神的な面もあるそうで、マスクをすると安心感を得られる人も多いのだとか。

あまり自分を表に出さない、日本人に多い性質のようです。

ただマスクはいつもしているとさすがに不審がられるので、たまにしか使えないのが残念ですね。

 

 酸っぱいものを食べる 

口臭の原因は上に書いたように、口の中が乾燥すると言う理由もあります。

そこでレモンや梅干しなど酸っぱいものを食べて、唾液の分泌を増やすと言う方法も。

または水などをこまめに飲んで、口の中を潤しておくのもいいですね。

 

まとめ

 

口臭が出てしまうと、周囲の人が不快に感じてしまうだけでなく、気になって自分も積極的にしゃべったり笑ったりする事も出来なくなってきます。

なるべくしっかりと対策して、楽しく毎日を過ごして行きたいですよね。

 

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

"); pageTracker._initData(); pageTracker._trackPageview();
PAGE TOP ↑