EU離脱が日本に与える影響。輸出系企業や移民受け入れに大きなダメージ。

公開日: 

イギリスのEU離脱が決定したことで、各国の経済に大きな影響が出ている。

イギリスの情勢が大きく変わっていく事はもちろん、そこに進出している日本の企業や、為替の影響を受ける企業も数多く出てくるでしょう。

ここではイギリスのEU離脱が、日本に与える影響について考えてみたいと思います。

スポンサードリンク

 

そもそもなぜイギリスはEUを離脱したのか?

 

EU(ヨーロッパ連合)と言う言葉は、小中学校時代に社会で習った人も多いと思います。

そもそもなぜイギリスは、これまで長い間加盟してきたEUを離脱し、独立する事になってしまったのか?

これについては、Twitterでめいろま氏が発言していた内容が非常に分かりやすかったので、転載させていただくことにします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

簡単に言うと「移民」が増えすぎた事による問題が一番大きい。

EU内では移民の待遇を手厚くするための規則があるが、経済豊かなイギリスに移民が集中しすぎたため、逆にイギリスの首を絞める事になってしまったようです。

これを嫌ったイギリスは、EU離脱を決意して独立したと言う形になります。

私たちの生活でもしばしばみられるが、「弱者救済」と言う形にこだわり過ぎた結果、共倒れの危険性が多きくなったと言ってもいいかもしれません。

 

イギリスのEU離脱が日本に与える影響は?

 

急激な円高により輸出系企業に大きなダメージ

今回の出来事で、EU各国の通貨の状態が非常に不安定になり、ポンド、ユーロ、ドルなどの通貨を持ちたくない人が増える事に。

ならば日本の「円」をと買う人が大きく増え、急激な円高が進むことになりました。

これによりドル円は100円以下となってしまい、輸出(日本から海外へ商品を送る)企業は、利益が大きく減ってしまう事になります。

輸出系企業の株価が下がったり、給料やボーナスに影響するところも数多く出ることが予想されるでしょう。

逆に輸入系企業では、安く輸入が出来るため、利益が上がる所も出てくると予想されます。

海外旅行するなら今が得かも??

 

イギリスに進出した企業に与える影響

日本からイギリスに支社を出している企業は、延べ1000社近くになると言われています。

イギリスではEUを離脱したことで、関税が発生するようになる他、EUに加盟していた時のメリットが無くなるようになります。

これにより日本の企業に与える影響は大きく、これまで以上に経費が大きく膨らむことが予想されます。

恐らくイギリスに進出している日本企業にとってはデメリットの方が大きいと思われ、各企業の対応を見る形になります。

 

日本の「反移民受け入れ派」の意見を強める結果に

今回のイギリスEU離脱ので大きく注目されているのが、「移民受け入れ」による経済政策の失敗です。

日本でも移民を受け入れるかどうか?が問題になっていますが、これまでは日本人の失業率の増加や、テロの可能性が増える事による「反対派」の意見が数多くありました。

この反対派の意見に、さらに拍車をかける事になった、日本への社会的影響があります。

ただ実際にイギリスは移民を受け入れるようになってから、大きな経済的成長をしたことは事実であり、このようなメリットを見ない人が増えることにもなりかねません。

今後日本が移民受け入れを実施するかしないかにより、日本の経済的発展や政治が大きく変わってくると思うのですが、今回の件がこれに影響を与えることは間違いないでしょう。

 

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

"); pageTracker._initData(); pageTracker._trackPageview();
PAGE TOP ↑