【彼女は最後にそう言った】第2章を攻略していきます!

公開日:  最終更新日:2015/06/14

「彼女は最後にそう言った」の第2章を攻略していきます。

序章では展望台に天狗が現れましたが正体は分からず。

その次の日のお話と言う事になります。

スポンサードリンク

 

「彼女は最後にそう言った」2章を攻略。

 

次の日目覚めると、シンタローの元にはまた手紙が届いていました。

送り主はまた「相楽七海」で内容は、

「お祭りの夜、展望台で待ってます」

と言う、昨日と全く同じもの。

 

おかしいと思ったシンタローは母親に尋ねると、今日が8月14日と昨日と同じ日と言う事に気づきます。

kanojosa

全く同じ日をループしていることに気付いたシンタロー。

これは七海からのメッセージなのか??

とりあえず七海がしんだ真相を調べるため、まずは「七海の家」を目指します。

 

七海の家は、「シンタローの家の前にある屋台から下に1マス」進むとあります。

kanojosa1

中に入っていくと1Fに七海のお母さんとお父さん。

2Fにはお兄さんのシュウイチがいるので、それぞれに話を聞きます。

七海の家族は関係者と言う事で、事件の事は詳しくは知らないらしい。

七海のお父さんの話によると、事件の事は「駐在所にいる警察官」が詳しく知っているそう。

kanojosa2

シンタローは「駐在所」を目指していきます。

 

駐在所は、「七海の家から上に2マス」進み、突き当りの屋台の道を「左に1マス」進むとあります。

中に入るとコヤナギと言う警察官がいるので、一通り話を聞いていきます。

kanojosa3

どうやら前任の駐在さんの「ゲンアンさん」と言う人が事件の話を詳しく知っているらしい。

ゲンアンさんの家は「だるまが二つ並んだ家」のようです。

kanojosa6

ゲンアンさんは忍者好きらしく、家に入るには「まつよい?」と聞かれると「かえるあした」と合言葉を入れていかないといけません。

なので合言葉を覚えていかないとだめですね。

 

ゲンアンさんの家は、「駐在所から左に1マス」進み、さらに「下に2マス」進むとあります。

途中で花屋さんを通り過ぎつつ、進んでいくとだるまが2つ並んだ家が見えてきます。

スポンサードリンク

合言葉を入れて、中に入っていきましょう。

kanojosa4

中に入るとゲンアンさんがいるので、一通り話を聞いていきます。

「しぼう推定時刻」と「第一発見者」の話を聞くことができます。

第一発見者はどうやら湖のほとりにある「ガンリュウジマと言うラーメン屋の店長」らしい。

kanojosa5

ちなみにこのゲンアンさん、最後に寂しいみたいな話をしてきますが、後ほど中学校に現れる忍者に紹介してあげると、実績「忍友達」を獲得する事が出来ます。

 

続いて湖のほとりにあるラーメン屋「ガンリュウジマ」を目指していきます。

ゲンアンさんの家から「上に2マス」進んでさっきの屋台の道に戻り、「左に2マス」進むと湖の道に出る事が出来ます。

kanojosa7

 

そこから上に進んでいくとラーメン屋「ガンリュウジマ」があるので、カウンターにいる店長に話を聞いていきます。

kanojosa8

ただここでは大して有力な情報が得られず・・・

次にどうしようか迷っていると、帰り道で中学の担任「ミクリヤ先生」が登場!

kanojosa9

 

シンタローは事件の真相を知るために行動している事を話すと、ミクリヤ先生が力になってくれます。

そしてシンタローは同級生たちみんなと、事件のあった当日「中学校で夏期講習」を受けていた事を知ることに。

つらい過去を思い出し、七海のしの真相を知りたいと思いますか?と聞かれるシンタロー。

kanojosa10

ちなみにこのシーンで「いいえ」を押すと、また最初から話を聞き直さないといけません。。

面倒なので、ここは素直に「はい」を選択しておきましょう。

ひょっとしたら中学校に何か手がかりがあるかもしれない・・・

シンタローは次に学校」にいく事を決意します!!

kanojosa11

 

第2章、終わり。

 

続きは第3章へ!

 

 

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

"); pageTracker._initData(); pageTracker._trackPageview();
PAGE TOP ↑