【彼女は最後にそう言った】最終章を攻略していきます!

公開日: 

「彼女は最後にそう言った」最終章を攻略していきたいと思います。

七海の事故の真相が分かりかけてきたシンタロー。

でも自分に手紙を送ってきた人物が誰なのか分かりません。

そんな時、天狗のお面をかぶった人物が目の前に・・・

あいつが何か知ってるに違いない!

スポンサードリンク

 

「彼女は最後にそう言った」最終章の攻略。

 

これまでに調べた内容で、七海が事故にあってしんだ事が分かったシンタロー。

天狗のお面の人物も気になりますが、まずは事故の事を七海の家族に話すべく、まずは「七海の家」に向かいます。

saisyuu

 

七海の家はシンタローの家の前の屋台から、「下に1マス」進んだ場所にあります。

家の中に入って、事故の事を家族に報告。

1Fにいる母と父、そして2Fにいる兄のところに行くと、、

saisyuu1

お兄さんのシュウイチがいない!?

時間がループしている世界では、みんな同じ行動をとっていたのに・・・

最初の日は部屋にいたシュウイチが、なぜか今日はいません。

「天狗にさらわれたのか?」

と心配になったシンタローは、手がかりになりそうな「天狗の社」へと向かいます。

 

天狗の社は七海の家から「上に2マス」「右に3マス」「上に2マス」進んだ場所にあります。

進んでいくと途中に天狗のお面をかぶった人物が・・・

saisyuu3

おいかけて天狗の社に行きますが、扉が閉まっていて中に入れません。

saisyuu4

 

何か手がかりがないかと探していくと、「左に1マス」行ったところに「赤い石碑」が見つかります。

saisyuu5

ただし赤い石碑は、何やら分からない文字で書かれていて読むことが出来ません。

誰かこれを読むことが出来ないか・・・

シンタローは悩みますが、そう言えば同級生に頭のいい子がいたような。

 

石碑から「右に1マス」「下に2マス」「左に3マス」「下に1マス」「左に1マス」進んで、「同級生の広場」に戻ると、同級生のミヤコがいます。

シンタローは頭のいいミヤコに、石碑について何か知らないか尋ねてみる事に。

saisyuu6

ミヤコはシンタローの真剣な顔を見て、自分も協力してくれることを決意します。

 

来た道を戻り、石碑の前に連れて行きますが、どうやら古くからこの村に伝わる文字らしく、ミヤコでも読めないらしい。。

saisyuu7

ミヤコは「図書館」に行けば分かるかもしれないと、シンタローに提案します。

謎の文字を調べるために、「図書館」に行きましょう。

 

「図書館」は石碑から「右に1マス」「下に2マス」「左に5マス」「下に1マス」「左に1マス」進んだ場所にあります。

丁度「花屋さん」と「同級生の広場」の左側ですね。

図書館の奥の部屋に入り、古くから伝わる文字についての資料を探します。

すると「一番奥の右から2番目」の本棚に、古代文字の資料を見つける事が出来ます。

saisyuu8

 

ミヤコに見せると、なんとか読めそうと言う返事が。

さすがミヤコ!

saisyuu9

石碑に書いてある文字を訳すと、

「ふたつのとりい。はさまれるふたり。みぎのひとり・・・おせ。」

と言う事らしい。

そう言えば赤い鳥居の間に、2つの石像があったような・・・

 

天狗の社に戻り、鳥居の間に入ると2つの石像があります。

そのうちの右側を調べると、

saisyuu10

 

扉が開いた!!

 

シンタローは中に入り、奥に進むと、そこには天狗のお面の人物が・・・

saisyuu11

 

緊張の瞬間・・・

 

その正体は・・・

 

saisyuu12

七海のお兄さんのシュウイチでした。

シュウイチはお面をかぶり、シンタローの行動をずっと見ていた事を明かします。

そしてなんと、シュウイチも「祭りの夜をループ」しているらしい。

ループする日々についてシュウイチは、

まるで牢獄のようだ・・・

おかした罪からは逃げられない・・・

と、意味深な事を話す。

スポンサードリンク

 

そしてシュウイチはシンタローにすべてを打ち明けることを決意。

あの祭りの夜の前日、何が起こったのかを自分は全て知っている。

七海をころしてしまったのは、自分だと言う事を。

そして、あの日の夜の回想へ・・・

 

七海はチヅルと天狗待宵花を探した後も、結局見つかる事はなかった。

ため息をついている七海に、シュウイチが「どうしたんだよ?」と声をかけると、

七海は天狗待宵花を探すために、空神洞に行きたいとを話します。

シュウイチが俺がついていってあげると言うと、七海は今から行きたいと言う。

saisyuu13

今はもう夜遅いからとシュウイチは反対しますが、押しに負けてシュウイチがしぶしぶ承諾。

 

2人で空神洞に向かっていくと、湖のほとりにミミスケが現れます。

saisyuu15

七海は湖のほとりで、お兄ちゃんはここで待っててと言う。

シュウイチは付いていくと言うが、花は一人で選びたいからと言う七海。

七海はミミスケと共に空神洞の奥へ。

シュウイチは仕方なく、ここで待つことにします。

 

七海が空神洞に行くと、そこには探し求めていた天狗待宵花が。

七海が花を選んでいると、ミミスケが崖の方に・・・

saisyuu16

 

次の瞬間、何か大きな音を聞いたシュウイチ。

saisyuu17

 

心配で駆けつけてみると、そこにはミミスケしかいない・・・

saisyuu18

 

1時間か2時間たっても見つからず、来た道を戻ってみると、、

saisyuu19

七海はすでに冷たくなっていた。。

 

あの日の夜の出来事を全て話したシュウイチ。

シュウイチは自分が付いていかなかったこと、落ち着いて行動できなかったことで自分を責めます。

saisyuu20

 

自分がころしたも同然だと言うシュウイチを、なだめるシンタロー。

全てを打ち明けたシュウイチはシンタローに、七海が最後に持っていた「天狗待宵花の押し花」を手渡します。

saisyuu21

 

真実を知り、呆然とするシンタロー。

結局七海がしんだのは、誰のせいでもなかった・・・

けれどみんなが悲しむことになってしまった。

ああ神様、、どうしてあの時七海を連れて行ったんですか。

どうして七海はしななければならなかったんですか。

お祭りの夜、死者が蘇らせると言う伝説が本当なら、

七海の気持ちが知りたい・・・

七海の声が聴きたい・・・

七海に会いたい・・・

 

当ても無くシンタローが歩いていると、いつの間にか広場にたどり着きます。

saisyuu22

 

広場の奥に進んでいくと、お面をかぶった人物に急に呼び止められ・・・

saisyuu23

 

振り返ってみると、お面をかぶった人物は七海でした。

saisyuu24

 

七海はどうして自分が蘇ったのかわからない。

ただシンタローとシュウイチの事を、七海は全部見ていたと話します。

シュウイチが自分を責めていることを知り、楽にして上げたかったと話す七海。

その願いを、天狗様が叶えてくれたんじゃないか・・・

 

そして七海は、天狗待宵花を探していたのはシンタローにプレゼントするためだったと話します。

saisyuu25

 

「シンタロー君、誕生日おめでとう」

 

「それから・・・」

 

「すきだよ」

 

ずっと言えなかったことを言う事が出来た七海。

それからシンタローも同じ気持ちだった事を、七海に打ち明けます。

 

再会できた2人、でも祭りの夜がもう終わる・・・

saisyuu26

そんな中、ホタルが2人を祝福。

2人は来年の祭りの日も、会おうと約束する。

それがもう2度と果たされることのない約束だったとしても。

 

七海「シンタロー君、天狗待宵花の花言葉って知ってる?」

saisyuu27

 

 

 

saisyuu28

 

 

最終章、終わり。

 

2周目で逆転の展開が!

 

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

"); pageTracker._initData(); pageTracker._trackPageview();
PAGE TOP ↑