【彼女は最後にそう言った】二週目を攻略していきます!

公開日: 

七海の事故の真相を解き明かし、一日だけ七海と再会する事が出来たシンタロー。

本来はこれでゲームクリアなんですが、二週目でまた違ったストーリーを体験する事が出来ます。

クリアマークが付いた後、再びその章をプレイすると二週目(零章)に突入!

 

 

「彼女は最後にそう言った」二週目を攻略

 

スタートすると1周目と同じように、祭りの日の夕方からスタートします。

が、二週目をプレイする場合は、1周目を違って、

「BGMを聞くことが出来るキオク」

「天狗待宵花の押し花」

が置かれています。

zerosyou

天狗待宵花の押し花に話しかけると、シンタローの記憶がよみがえる・・・

七海が最後に教えてくれた、天狗待宵花の花言葉は、

「あなたの願いがかないますように」

もし本当に願いがかなうのなら・・・

七海をしなせたくない・・・

 

8月13日の祭りの夜に「もどりたい」を選択し、天狗待宵花に願います。

すると、、

zerosyou1

4年前の8月13日、待宵中学校の教室にタイムスリップ。

ただ時間はすでに20時過ぎ。

七海がしんだのは20時~23時の間だったので、シンタローは急いで七海の家に向かいます。

 

「七海の家」は校庭から「下に2マス」「左に4マス」進んだ場所にあります。

2Fに上がって七海の元に向かうと、そこには七海がまだいた!

zerosyou2

事故のきっかけになる空神洞の事を話そうとするシンタローですが、ここで思いとどまります。

空神洞の事を知っているのは不自然だ、それに天狗待宵花をプレゼントする七海の気持ちはどうなる?

七海の命には変えられないと考えるシンタローですが、悩んでいると七海は用事があると部屋から出ていく事に・・・

 

直接七海を止める事が出来なかったシンタローは考えます。

他に何か方法はないのか・・・

もしかしたら、他の人の行動を変えれば事故を防げるかもしれない。

シンタローは事故の原因となった出来事を考えます。

zerosyou20

この中で事故の原因となったのは、「うさぎミミスケ」ですね。

ミミスケを止める事が出来れば助かるかもしれない。

シンタローはミミスケを捕まえに行こうと決意します。

 

そしてミミスケがかくまわれている「天明寺」へ行きます。

天明寺は、七海の家から「上に2マス」「右に5マス」行った場所にあります。

左上の「アカズの間」に行きますが、ここは前回と同じく鍵がかかってて入れません。

寺の中の住職に聞いてもあけてくれないので、前回と同じように「サクラバ」にお願いしに行きます。

zerosyou3

今度はすんなりとOKしてくれました。

前と同じように敷地の右下にある倉の中で「鍵」を手に入れ、アカズの間に進んでいきましょう。

 

ミミスケを捕まえれば、七海は事故に合わずに済むはず・・・

そう思って扉の中に入りますが、、

zerosyou4

ミミスケがいない!

こうしている間にも、七海はシュウイチと空神洞に行く準備を始めます。

zerosyou5

 

村人の誰かがミミスケを見ているかもしれない。

そう思ったシンタローは、ミミスケの情報を村の人々に聞き込みしていきます。

スポンサードリンク

 

「!」のついた村人にミミスケの情報を聞き込みしていきます。

天狗の社の前にいるおじさんからは、村の方に走って行ったという情報があるのでへ。

zerosyou6

次に「霧隠湖」の方に行ったらしいので、にまっすぐ進んでいきます。

zerosyou7

聞き込みを続けていくと、今度は「花屋の方」に行ったと言う情報があるのでに進みます。

zerosyou8

まっすぐ進むとここを通ったと言う女の子が。

ここは左の方に進んでいきます。

zerosyou9

すると村の外に出て行ったのを見たと言う人が!

zerosyou10

聞き込みを続けてトンネルの方に進むと、ミミスケを発見します。

zerosyou11

 

逃げようとするミミスケを説得。

そしてミミスケを家に連れて帰ることに成功します。

 

これで何かが変わるかどうかは分からない・・・

けれど、、

zerosyou12

 

いつの間にか眠っていたシンタローは、目を覚ますと再び祭りの夜に戻ってきていた。

zerosyou13

どういうことだ・・・失敗したのか?

シンタローの頭の中に、不安がよぎります。

 

恐る恐る外に出てみると、、

zerosyou14

そこには前と違う光景が。

クジョウ家を嫌っていたセンゴクや、つらいからと祭りの夜家にいたサナちゃんがいました。

いつもと同じように誕生日を祝ってくれようとするみんなですが、

「お祭りの夜展望台で待ってます」

同じように届いていたあの手紙の事を思い出します。

約束がみんなからの誘いを断りますが、みんなは何かを察している様子。。

 

広場をでたら、「上に1マス」「左に1マス」「上に1マス」「右に2マス」進んで展望台に向かいます。

途中には様子の変わった、いろんな村の人の面々が・・・

 

展望台に到着すると、そこには七海の姿が。

zerosyou15

 

前はちゃんと言えなかった言葉を告白する七海とシンタロー。

zerosyou16

 

今までの努力が報われたことを実感します。

zerosyou18

 

そして七海が最後にこう言います。

zerosyou19

 

二週目(零章)、終わり。

 

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

"); pageTracker._initData(); pageTracker._trackPageview();
PAGE TOP ↑