Yahoo!リアルタイム検索の裏ワザとか30日前のを見る方法など

公開日: 

Yahoo!のトップページから見る事の出来る、「Yahoo!リアルタイム」。

数分単位で「Twitter」や「Facebook」で、話題になっている投稿を見る事が出来ます。

タイムラインに流れる投稿や、リツイートの多い投稿を見ていると飽きませんよね。

そんなリアルタイムをもっと楽しく活用する、検索の裏ワザや方法について書いてみたいと思います。

スポンサードリンク

 

マイナス検索を使う

 

検索の部分に「-」(半角のマイナス)と単語を付けると、その単語が引かれた状態で検索ができます。

例えば今話題になっている、「髪圧」と言う単語を検索すると、

kamiatu

 

ベストツイートやタイムラインにはこのような投稿が出てきます。

しかしこれに「髪圧 -猫」と入力して検索すると、

kamiatu1

 

猫と言う単語が引かれた状態でのベストツイートや投稿が出てきます。

ちなみにマイナス検索は、2つ3つ連続でマイナスさせて使う事も出来ます。

(-○○ -□□ -△△ のように)

いろんな種類のベストツイートを探したい時や、特定の単語を含んだ投稿を除外したい時に便利な方法です。

 

プラス検索を使う

 

マイナス検索もあれば、もちろんプラス検索もあります。

これは先ほどと逆で、特定の単語を含んだ投稿を探したい時に便利。

例えば「髪圧 +意味」で検索すると、髪圧と意味の両方の単語を含んだ、検索結果が出てきます。

kamiatu2

 

もちろんユーザー名や、URLを対象に検索する事も出来ます。

普通に単語追加するのと変わりませんが(笑)

 

リツイート数の多い投稿を検索する

 

リアルタイムの一番上には「ベストツイート」と言う、リツイート数の一番多い投稿が出てきます。

おもしろいものや、思わず唸るような投稿もあり、見ていて飽きませんよね。

そして

「100以上リツイートされてる投稿だけ表示出来たらな・・・」

と考えてしまうのは、私だけじゃないはず(笑)

スポンサードリンク

しかし残念ながら、現在Yahoo!リアルタイムでリツイート数をしぼった検索と言うのが出来ません。。

ただし「Twitterの検索画面」でならこれが可能で、検索したい単語の後に、

「min_retweets:100」

を入力すると、リツイート数100以上の投稿のみ、と言う検索の仕方が出来ます。

例えばTwitterの検索画面で、「髪圧 min_retweets:50」と入力します。

すると髪圧の単語を含んだ、リツイート数50以上の投稿が検索できます。

kamiatu3

kamiatu4

 

数字を変えれば、リツイート数の線引きを変える事が可能です。

 

30日以前の投稿を検索する

 

Yahoo!リアルタイムでは、30日以内の投稿は検索されるのですが、それ以前の投稿は検索結果から消えてしまいます。

中には、30日以前の検索結果を表示したい人もいると思います。

しかしこれもリアルタイムの検索結果では現在不可能です。

ただこれも「Twitterの検索画面」なら出来るので、以下に紹介しておきます。

検索画面で、検索したい単語の後に、

「since:2014-1-1 until:2015-1-1」

を入力すると、「何日から何日まで」と言う機関の範囲で検索が出来るようになります。

例えばTwitterの検索画面で、「髪圧 since:2014-1-1 until:2015-1-1」と入力します。

すると髪圧の単語を含んだ、2014年1月1日から2015年1月1日までの投稿が検索できます。

kamiatu5

kamiatu6

 

数字を変えれば、他の期間の検索結果を表示する事が可能です。

 

まとめ

 

マイナス検索とプラス検索は、通常のウェブでも使う事が出来ます。

ただし「min_retweets:」と「since: until:」は、Twitter検索でしか今のところ使えないのでご注意ください。

需要あると思うんで、そのうち実装されると思うんですが。

参考にしてもらえればです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

"); pageTracker._initData(); pageTracker._trackPageview();
PAGE TOP ↑