ジョコビッチがアンダーソンの試合(動画)でボールガールに雄叫び

公開日: 

男子ウィンブルドン2015では、優勝候補のジョコビッチが、格下のケビンアンダーソンにまさかの大苦戦。

結果的に、6-7、6-7、6-1、6-4、7-5でジョコビッチが勝ちましたが、途中まで負けると思いました。

そしてフルセットでは、リードされてイラついたジョコビッチがボールガールに雄叫びを上げるシーンも。。

スポンサードリンク

 

ジョコビッチが5セット目でボールガールに雄叫びを上げる

 

セットカウント2-2でファイナル5セット目を迎え、カウントが3-2で15-30とジョコビッチがリードされているときでした。

長いラリーが続いた後に、ジョコビッチはポイントを取られて30-30と危機的な状況に。

その時後ろにいたボールガールに、大きな叫び声を上げます。

 

ジョコビッチvsアンダーソン 5セット目

 

ボールガールはビックリして、やや涙目になっていたそうです。

その後6ゲーム目が終わる時には、猛ダッシュでタオルを届けていますが、かなりビックリしてた印象が見てとれますね。

ジョコビッチは試合中に雄叫びを上げたり、ラケットを破壊したり、感情をむき出しにすることが多いですが、これは自分の頭の中の熱気を放出させるためだそうです。

勝負に勝つためには仕方ない事だと思いますが、ボールボーイや、ボールガールの中では、きっと恐れられている事でしょう(笑)

今回の件については、自分の非を認めており、必要であればボールガールに謝罪しに行くと話しています。

スポンサードリンク

 

ジョコビッチの有名なエピソード

 

ゲーム外でもたびたび話題になるエピソードが多いジョコビッチ。

他にもこんなエピソードがあります。

 

ボールガールにリターンをぶつけてしまう

 

全仏2015決勝 ボールボーイのそばでブチ切れてラケット破壊

 

ジョコビッチがボールガールに!?

 

vsマレー 何度も激しくラケットたたきつけて破壊

 

物を大切に、と言う精神が根強い日本では、ラケットを折る行為は批判されやすいと思いますが、ジョコビッチがラケットを折った時の勝率が高いと言うデータもあります。

自分の気持ちを落ち着かせると言う意味では、合理的な方法なのかもしれません。

見ている人の中には不快だとか、人として未熟だと言う人もいると思いますが、「勝つ」事が求められるスポーツの世界では、結果を出すことがすべてと言う見方もありますし。

ランキング1位になり続けているジョコビッチは、そういう意味では正しい選択をしているのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Comment

  1. Smithf6 より:

    Inspiring story, where did you quote it from? dfbdkbebdgfdbacf

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

"); pageTracker._initData(); pageTracker._trackPageview();
PAGE TOP ↑