年金の納付書は期限はいつまで大丈夫?紛失や再交付する時は?

公開日: 

<スポンサードリンク>

会社に勤めているときは、年金は自動で引き落とされることが多いので、特に気にしていないと思います。

が、自営業の方や退職された方は、国民年金を自分で納めている方がほとんどですよね。

今回は、納付書の期限や、紛失した場合の再交付などについて書いておきたいと思います。

<スポンサードリンク>

 

納付書の期限はいつまで大丈夫?

 

毎年送られてくる、国民年金の納付書。

この年金の納付書を見てみると、「期限」が記載されているかと思います。

この期限が過ぎてしまうと、もうこの紙で納付できないのか?と言うと、そういう訳ではありません。

基本的には、

 

使用期限と書かれたもの

納付書に書かれた期限が過ぎると、この紙では納付できない

nenkin

 

納付期限と書かれたもの

納付書に書かれた期限が過ぎても、2年間はこの紙で納付できる

nenkin1

 

となっているので、納付期限と書かれたものは、期限が過ぎても納める事が出来ます。

主に、

 

・1年分や半年分をまとめて払う納付書は「使用期限」

が記載されており、

・1か月分を個別で払う納付書は「納付期限」

が記載されています。

 

まとめて払う場合の方が、若干安くなります。

国民年金をまとめて払いたい場合は、期限ギリギリではなく早目の納付をしておくのがおすすめです。

<スポンサードリンク>

1か月分を個別で払う場合は、期限から大体2年間が過ぎてもこの納付書で支払う事が出来ます。

万が一払うのを忘れていた場合でも、後から支払う事が出来るようになっています。

 

紛失した場合、再交付してもらう場合は?

 

意外とこの納付書、紛失してしまう事も多くあると思います。

紛失して未納のままにしておくと、将来年金が受け取れなくなるので注意しましょう。

 

ただ基本的には紛失したまま払わずに日にちが立つと、「新しい納付書が家に送られてくる」ようになります。

「未納月分の納付書」が送られて催促されるので、それで支払う事もできます。

ただその場合、「催促手数料として数百円分余計に払わないといけない」ので注意しましょう。

 

また年金を払うのが遅かった場合、この新しい納付書が入れ違いで送られてくることもあります。

これこの前払ったの送られてきた場合や、支払ったかどうか忘れてしまった場合は、年金センターに確認してみましょう。

 

完全に納付書を無くしてしまい、再交付してもらう場合は、こちらも年金相談窓口に連絡すればOKです。

電話での年金相談窓口|日本年金機構

 

自分の名前・住所・基礎年金番号を伝える事で、再発行してもらう事が出来ます。

自分の基礎年金番号は、「年金手帳」や「過去の納付書」などで確認する事が出来ます。

以前会社に勤めていて退職した場合は、会社の担当部署に聞けばわかる事もあります。

 

まとめ

 

とりあえず超ざっくりとまとめると、

・「納付期限」と書かれた納付書(1か月ごとの納付書)なら期限が過ぎても2年間は大丈夫

・紛失しても新しい納付書が送られてくる

・再交付は年金センターに電話でお願いする

と言う事ですね。

 

もちろん手間や手数料が余計にかかるので、期限内に納付書で納める事が一番です。

ただ万が一の場合や、お金の関係で支払いが遅れてしまう場合などは、参考にしてみて下さい。

 

<スポンサードリンク>

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

"); pageTracker._initData(); pageTracker._trackPageview();
PAGE TOP ↑