夜中に顔に飛んできた蚊を退治するコツ。部屋に住み着いてる奴が・・・

公開日: 

夏って開放的な気分になれて、すごく好きな季節なんですが、問題なのが大量に出てくる蚊。

特にウチは周囲が田んぼで水を張るので、夏場は蚊が増えて仕方がありません。

しかも自分が刺されやすい体質なので、蚊が出てくるととても気になる。。

今回は夜中に、顔に飛んできた蚊を退治する方法について書いてみたいと思います。

スポンサードリンク

 

夜中に顔に飛んできた蚊を退治するコツ

 

寝ているときに「プ~ン」と飛んでくる蚊。

こいつの厄介さときたら、たまったもんじゃありません。

寝付きにくくなるわ、しばらくしたらどこかがかゆくなってくるわ。

そしてしばらく我慢して、かゆみが収まった頃に寝ようと思うと、また「プ~ン」と飛んできて血を吸われます。

イラっと来るヒットアンドアウェイ戦法に、思わず「この野郎。。」と言いたくなる人も多いはず。

中には電気をつけていると出てこないのに、夜中電気を消して寝る時になると、血を吸いにくる頭のいい奴もいます。

でもってそんな奴が部屋に住み着いていると、毎晩血を吸われて寝不足になります。

これって、、困ったもんですよね。

 

そしてウチがまさにこういう感じで、夏になるとこういう蚊が増えてくるんです。

だからウチではまず蚊が入ってこないように、夜電気をつけたら窓をしっかり閉めて、防蚊対策をバッチリにしてます。

でもそれでも、何匹か部屋に入ってくる蚊もいます。

そう言う奴らが、夜電気を消して寝ていると「プ~ン」と耳元に飛んでくる。

これには正直参っていました。

 

ただ「ある法則」を発見してから、こいつらを撃退させることに成功することが出来ました。

地味ですが、かなり効果的なのでおすすめの方法です。

 

ちなみに夜中寝ているときに、蚊が飛んできたときってどうしてます?

・手当たり次第に手を振り回したり、パチパチ叩いたりする

・スマホの明かりをつけて、おびき出そうとする

スポンサードリンク

僕はこれらをやっていたんですが、中々退治する事が出来ませんでした。

 

ただですね、、夜中に「プ~ン」と飛んでくる蚊。

普段は部屋のどこに隠れているのかわからないんですが、耳元に飛んできた時、奴らはほぼ100%、自分の枕元の近くにいます。

でもって、血を吸い終わった蚊って、安心してるのか、そのまま遠くにいかないで枕元の近くで休んでいるんですよ、奴らは。

なので「プ~ン」と嫌な音がしてくる、ついでに体のどこかがかゆくなってくる。

そんな状態で「この野郎。。」と、もどかしくなってる時、

 

・落ち着いて一度、部屋の電気をつける

・枕元の当たりを見回してみる

 

すると腹の膨れた蚊が、大体見つかります。

そして血を吸い終わっていた場合、蚊は極端に動きがのろくなります。

蚊を発見する事が出来たら、あとはもうこっちが勝ったも同然。

「叩き潰す」「デコピン」「ティッシュで潰す」

好きな方法でブチころすのみです。

数秒後には、真っ赤な血が飛び散り、こいつが犯人か・・・確信する事が出来るでしょう。

 

血を吸ってない蚊の場合は逃げられることがありますが、大体枕元の近くで見つかります。

その場合はスプレーなどで、確実に仕留めるようにするといいです。

吸ってる奴の場合は、のろいのでほぼ確実に手でも倒すことが出来ます。

 

1回血を吸われてしまうのがアレなんですが、これから何度も吸われてしまう事を考えると、まだ良いかなと。

これを繰り返していくと、部屋の蚊がだんだんと居なくなっていきます。

あとは部屋に入ってこないように、しっかりと対策すれば大丈夫。

 

特に裏ワザじみた方法ではないんですが、プ~ンと聞こえたらイラっとして手を振り回すんじゃなくて、落ち着いて電気をつけてみて下さい。

普段なかなか見つからないような蚊でも、大体枕元の近くなどにいると思います。

 

是非参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

"); pageTracker._initData(); pageTracker._trackPageview();
PAGE TOP ↑