【彼女は最後にそう言った】攻略。まずは展望台を目指す!

公開日: 

<スポンサードリンク>

「彼女は最後にそう言った」ってアプリをやってみました。

Twitterで「めっちゃ泣いた」「鳥肌立った」ってコメントがたくさんあって、アプリも5000以上のレビューがあるんですが、ほとんど★5つ。

興味が湧いたので、ダウンロードして早速やっていきたいと思います。

<スポンサードリンク>

 

まずは展望台を目指す!!

 

最初に主人公のシンタローは、家のベッドの上で目覚めます。

kanojo

 

お母さんに起こされると、消印のない手紙が届いたと渡されるんですが・・

手紙の差出人は、「相楽七海」。

kanojo1

それを見てゾっとする主人公のシンタロー。

なぜならその子は4年前に亡くなったはずだから。

しんだはずの子から、

「お祭りの夜展望台で待ってます」

と言うメッセージが届く、ちょっとホラーチックな展開で始まっていきますね。

 

その後幼馴染と再会する主人公ですが、ここから手紙にあった「展望台」を目指して歩いていきます。

「展望台」は「北東」にあるらしいんですが、初めてやると結構広くてどこなのか分かりにくくて迷う・・・

ルートなんですが、まずは最初のこの画面から「上」へ

kanojo2

 

すると屋台が並んだとおりに出るので、ここを「左へ」

kanojo3

<スポンサードリンク>

 

駐在所がある広場に出ます、ここを「上」ですね。

kanojo4

 

すると仮面をかぶった人がいます。

ここから上に進んでしまいそうなんですが、ここは「右」です。

kanojo6

 

一本道を進んでいくと「展望台」の広場に出ます。

kanojo7

 

展望台の場所にたどり着くと、「天狗」が登場っ!!!

kanojo8

 

天狗は消えますが、後を追いかけても誰もいません。

仕方がないので最初の展望台の、さらに奥の方に進んでいきます。

kanojo9

 

だれもいない・・・

ここからどういう展開に発展していくのか楽しみです!

 

続きはこちら→

<スポンサードリンク>

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

"); pageTracker._initData(); pageTracker._trackPageview();
PAGE TOP ↑