iCloudのバックアップを確認後、アプリを復元してみた。

公開日: 

実は諸事情で、appleIDを変更したのですが、古いIDで取得したゲームアプリのアップデートが出来なくなっていました。

古いIDは乗っ取りにあったので、使用禁止の状態にしてもらってるんですが、新しいIDに変更後はアップデートができなくてですね。

アップデート画面から進まないので、機種変更コードも取れません。。

困っていた所、iCloudにバックアップがされていれば、アプリを復元できると言う情報を手に入れました。

今回は実際にやってみたので、その手順を書きたいと思います。

スポンサードリンク

 

iCloudにバックアップがされているか確認

 

iCloudを使うためには、自分のappleIDのアカウントを登録しておく必要があります。

設定→iCloud→アカウントの画面で、IDとパスワードを入力しておけばOKのよう。

kuraudo

無料なら5GBバックアップできるようですが、それ以上になると有料プランに申し込む必要があるみたいです。

ここに登録しておけば、定期的にバックアップがされていきます。

 

バックアップされているかどうかは、まず「書類とデータ」の欄を確認。

kuraudo1

ここがONになっていれば、一部のデータやアプリの必要な情報が保存されます。

kuraudo2

 

そして「ストレージとバックアップ」と言う項目から、iCloudバックアップがONになっている事を確認。

スポンサードリンク

kuraudo3

「ストレージを管理」と言う画面に進み、自分の端末の項目を押します。

バックアップされているデータの一覧が出てくるので、復元したいアプリがONになっているかどうか確認します。

kuraudo4

ここがONになっていれば、自動でバックアップされていくようですね。

 

アプリを復元してみました。

 

今回僕が復元したかったアプリは、ドラゴンボールのドッカンバトルですね。

こいつがアップデートが出来なかったので、まずアプリを削除。

これで、古いappleIDで取ったゲームが、削除されたことになります。

 

その後新規でゲームをダウンロードします。

その時は、新しいappleIDのパスワードを入力して、ダウンロードします。

ご利用の端末のプレイデータがあると出てきたので、「続きから」を押してダウンロードすると、過去のプレイデータが全部出てきました。

kuraudo5

ちなみにモンストなどは、グーグルアカウントが無いとデータが復元できないので、ゲームによっては注意が必要です。

 

アップデート画面から進まなくて、どうしようかと思いましたがなんとか復元する事が出来ました。

やっぱし自動バックアップって、困った時にすごく便利ですね。

 

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

"); pageTracker._initData(); pageTracker._trackPageview();
PAGE TOP ↑