蚊が部屋(室内)に大量に入ってきた時の対策と退治方法について

公開日: 

だんだん春になって暖かくなってきたたら、夜窓を開けて風を感じるのが気持ちいい季節になりますよね。

でも気が付くと蚊が大量に家の中に入ってきていて、「ぎゃーーー!!」ってなった経験がある人も多いと思います。

今回は室内に大量に蚊が入ってきてしまった時の対策・予防について、書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

 

室内に大量に蚊が入ってきたときの退治方法

 

暑くなってくると窓を開けて風通しを良くすることがあると思いますが、そんな時大量に蚊が入ってきたと言う経験はあるでしょうか。

基本的に網戸を占めていれば、蚊は入ってこないと思いがちですが、窓と網戸が重なるほんの小さな隙間からも蚊は入ってきます。

家が田舎で田んぼなどの水溜りが多かったりすると、その数は想像以上。

家の電気めがけて、大量の蚊が飛んできますよね。

 

ちなみにこれはうちの家の窓の隙間ですが、こんな感じで小さな隙間があれば容赦なく入ってきているのが分かると思います。

 

こんなに頑張らなくてもいいのに、本当に憎らしい・・・

予防策については後ほど書きたいと思いますが、まずはすでに大量に蚊が入ってしまった!という時の効果的だった退治方法について書きたいと思います。

 

 退治方法1 スプレーで一気に退治する 

 

一般的な方法ではスプレーで退治すると言う方法があります。

大体室内に大量に蚊が侵入した時には、天井に張り付いていることが多いと思うんですが、蚊退治用のスプレーを振りまけば大抵の蚊はすぐにしんでくれます

ただしこれだと部屋中に蚊のしがいが散乱してしまうのがデメリット

ベッドや枕の上に大量に落ちてこられた時には、「ひえ~~っ!!」ってなりますよね。

ただこれはどうしても仕方ないので、とりあえず一回きりだと思ってしっかりと退治したら、次からはしっかりと予防対策をするのがおすすめです。

 

 退治方法2 ローラーコロコロで退治する 

 

意外と効果的なのが床などを掃除するコロコロローラーです。

床をコロコロする要領で、天井をコロコロすると大量の蚊を一気に取ることができます。

ただ天井が少し汚れてしまうので、この汚れが気にならない方におすすめします。

スプレーと違って床を掃除する必要がないので、その点では結構楽ですね。

 

大量に入ってしまったかを退治するなら、主にこの二つが有効だと思います。

蚊取り線香はあくまでも予防なので、すでに入ってしまった蚊を退治するのは難しいですし、ハエ取りラケットは大量に捕獲するのに適していません。

炭酸水などで一か所に集める方法もありますが、その間にバンバン刺されますし、はっきり言って効果があるのかどうかは微妙・・・

スポンサードリンク

古典的ですが、現在はこの二つがベストかなと思います。

 

 

今後の予防対策について

 

大量に入ってきた蚊を退治したら、次からはしっかりと予防対策を行っていく必要があります。

 

 予防1 網戸は電気を消してからにする 

どうしても網戸にすると、窓と重なる小さな隙間から蚊が入ってきてしまいます。

なので部屋にいる間はなるべく窓を閉め切って、扇風機やクーラーでしのぐのがおすすめです。

夜寝る時にだけ電気を消してから、窓を開けて網戸の状態にしておくといいかと思います。

ただしその場合も、蚊は人間から発している二酸化炭素や匂いを感じて寄ってくるので、完全に蚊をシャットアウトしたいなら、窓は開けない方が無難ですね。

 

 予防2 部屋の隙間を全てテープなどで埋めておく 

窓を閉め切っているのに、蚊が入ってきていまう、、と言う場合は、必ずどこからか隙間が空いている場所があるはずです。

例えばウチの場合は窓枠にエアコンを設置しているんですが、設置しているわずかな隙間からも蚊が侵入してきます。

本当に小さな隙間からも蚊はバンバン侵入してくるので、隙間がありそうな場所はしっかりと見つけて、テープなどで埋めておくことをお勧めします。

またありがちなのが、他の部屋から入ってきた蚊が、自分の部屋のドアから侵入してくるパターンですね。

その場合は他の部屋も同じように対策したり、自分の部屋のドアを開けたら、すぐに閉めるなどを徹底するしかないでしょう。

 

 予防3 家の周りで水がたまっている場所をチェックする 

蚊はほんの少し雨水がたまっているような場所でも、卵を産んで孵化して生まれてきます。

なので外にあるものをチェックして、水が溜まりそうな場所を無くしていくといいです。

蚊の行動範囲は正確には判明していないそうですが、種類によっては生まれた場所から10~30m、遠いものでも1kmが行動範囲と言う説があります。

意外と生まれてからの行動範囲はせまいので、自分の部屋の窓際などの近くの場所で、蚊が生まれそうな場所がないかチェックしておくといいでしょう。

それだけでも大分違いが出てくると思います。

 

まとめ

 

基本的には蚊が大量に入ってしまったら、

・スプレーで退治

・ローラーコロコロで退治

そしてその後は、

・窓を極力閉める

・蚊が入りそうな隙間をすべて埋める

・蚊が生まれてきそうな場所を潰していく

これで大分マシになると思います。

部屋にいる蚊はたとえ1匹でも本当にウザいので、ゼロにしてきたいところ。

また良い方法があったら、後ほど追記していきたいと思います。

 

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

"); pageTracker._initData(); pageTracker._trackPageview();
PAGE TOP ↑