天然パーマは学校でいじめられる?体験から語る対策など。

公開日:  最終更新日:2016/04/14

大人になった今だから笑って言えるんですが、僕は小中学校時代に天然パーマでいじめられていた経験があります。

天パとか、パーマンとか、ちゅるちゅるとか言われたり、その他いろいろですね。

当時は強いくせ毛にめちゃくちゃ悩んでて、そう言うの言われるたびにすごく気にしていました。

何かあるとすぐ髪を手ぐしで伸ばしたり、運動しているときも気になって集中できなかったり。

鏡があると必ず見て、変な髪形になってたらそこから先ずっと落ち着かなくて仕方がなかったですね。

ああ俺今、絶対笑われてる、変だと思われてる、髪のちゅる毛を見られてる・・・みたいな感じで。

友達のまっすぐなサラサラヘアーを見て、ああなれたらどんだけ悩みが減るかと何度思ったか分かりません。

大人になった今言える、当時の事とか対策とかについていろいろ書きたいと思います。

スポンサードリンク

 

天然パーマは学校でいじめられる?

 

まず天然パーマの人は学校でほぼ100%、髪の事でいじめを受けたり嫌がらせを受けた経験があると思います。

特に小中学校のいじめがたくさんある時期は、天然パーマは格好の標的になりがちです。

大人しい子や太ってたりデブもいじめを受けますが、天然パーマはもっと人数が少なく希少なので、大勢で叩くのがとてもやりやすかったりします。

小中学校くらいの頃って、数に物を言わせたいじめとかホント好きだし、正直面白くって仕方ないですからね。

残酷かもしれませんが、これはもう仕方ないと割り切るしかありません。

スクールカーストの上位にいるような人気者の場合は、そこまでいじめは受けないかもしれませんが、下位にいるようなおとなしい性格で天然パーマだった場合、ほぼ100%いじめを受けると言ってもいいでしょう。

※スクールカースト:学校内における権力のこと、主に上位はイケメンで運動神経が良い人、女子はかわいくて活発な人など。下位は大人しくて目立たない人などが多く、上位の言い分がクラス内などで理不尽に通る事が多い。

スクールカーストの正体 [ 堀裕嗣 ]

スクールカーストの正体 [ 堀裕嗣 ]
価格:820円(税込、送料込)

 

そもそもいじめと言うのは集団内での人間関係においてほぼ必ず起こる事で、それは大人になってからも同じです。

子供の場合は精神的に幼いため、分かりやすい見た目や気の弱い人がいじめられる事が多く、大人になってからはコミュニケーション能力の低さや空気の読めない人が、いじめやはぶりを受けたりします。

これらは人間が集団生きる時の本能でもあるらしいのですが、何か人と違う所があると、いじめの標的になりやすいです。

誰か一人の「みにくいアヒルの子」をみんなで叩くことで、集団内の結束を強めると言う、社会的な生き物である人間が繁栄していくために身に付いていった術だともいわれています。

 

話しはそれましたが、僕も天然パーマのいじめは少なからず受けてましたし、周りにいる天パの子もよく言われてたのを見かけたので、天然パーマが学校でいじめられるのは避けられないと言ってもいいでしょう。

その時はとてもつらいものだし、嫌で嫌で仕方ないと思います。

ただ天然パーマのいじめは高校くらいからだんだん無くなっていき、社会人になるとほぼ無くなります。

精神的に成熟してくると、あまり容姿の事でいちいち言う人もいなくなりますし、バイトや働くようになってお金が入ってくると、縮毛矯正することも出来るし、逆に周りにはパーマをかける人も増えてきます。

大人になるとオシャレで、パーマや奇抜な髪形をする人も珍しくなくなってきますからね。

なので天然パーマのいじめで悩んだのは、小学校から高校1年~2年くらいまでと言う感じです。

スポンサードリンク

そこさえ乗り切れば、少しは悩みも減ると思います。

しかし髪の毛が扱いづらいのは変わらないので、髪型をセットしたりする問題はずっとついて回ります。

酷ですが、これはもう持って生まれた運命として、受け入れていくしかないでしょうね。

 

学生時代の天然パーマいじめの対策はどうしたらいい?

 

お金も無くて縮毛矯正やストレートパーマも当てられない、小~中学校時代はどうした方がいいのか?と言う話についてなんですが、やはりくせ毛の悩みは難しいので、対策は少ないと言ってもいいでしょう。

ワックスやスプレーなどでセットするにしても、強いくせ毛だと決まりにくいですし、学校では何か言われる可能性もあります。

 

・坊主にする

小中学校時代の最強の対策はやっぱり「坊主にする」ことですね。

坊主にすれば天パはほとんど目立ちませんし、髪の乱れは全く気になりません。

学生時代は野球少年など坊主にしてる子も多いので、周囲に溶け込みほとんど違和感ないと思います。

これは大人になってからも一緒なんですが、天パは坊主にするのが一番気楽です。

坊主にしたすぐは何か言われるかもしれませんが、時間が立てば天パの事で何か言われることも無くなってくるでしょう。

ただし頭の形が悪いと、じゃがいもとか言われるかもしれませんが。。

またどうしても坊主じゃなくて長いままでいたい人は、それなりの手入れをしていく必要があります。

縮毛矯正は万単位のお金がかかってくるので、学生時代に安く対策するならストレートアイロンやシャンプーくらいでしょうか。

ただクセ毛用の商品はたくさんありますが、縮毛矯正以外は「焼け石に水」程度の効果しかないと思います。

QUEEN’S BATHROOM 薬用ヘアケアお試しサンプルセット【クイーンズバスルーム】

 

・スクールカースト上位に行く

天パでいじめを受けないためには、学校内で権力の高い立場に行くのも一つの手です。

中学くらいになると俗にいう「ヤンキー」が、学校内で権力を持ち始めます。

周囲の人間を仕切れるくらいになれば、いじめを受ける事も無くなっていくでしょう。

ただし気が強い人や資質のある人はいいと思いますが、合わない人がヤンキーぶってもイタイ奴になるだけなのでやめた方が無難です。

それ以外にも人を笑わせたり、楽しませたり、人気者になれるだけの特技がある場合は、そっちを伸ばしていってもいいと思います。

いじめる側も自分より人気がある人だと、だんだん言えなくなってくるので、そうなってしまえばしめたもの。

いじめる側にとって扱いやすいのは、取り柄が無くて大人しくて抵抗しない、ひたすら叩ける従順な人間です。

格好のターゲットになるので、そういう人間にはならないようにしていきましょう。

理不尽に嫌な事を言ってくる奴に対しては、やさしさとか気遣いとか、そんなものは全く無縁でOKです。

むしろ嫌われてやりにくい相手だと思わせる方がはるかに良し。

人の言う事に従順になりがちな人は、「嫌われる」「嫌な奴だと思わせる」「無視する」と言うコミュニケーションがある事も覚えておきましょう。

みんなと仲良しになろうなんて思う必要はありません。

むしろそういう思い込みの人間を逆手に取って、利用してくるのがいじめる側なので、そう言うやつは徹底的に嫌がらせして遠ざける方が正解です。

どうしてもそう言うのが苦手な人は、格闘技などを習って自信をつけるものいいと思います。

体付きが変われば相手を威圧できますし、ケンカで勝てると言う自信があれば相手に強く出ることも出来るでしょう。

 

まとめ

 

天然パーマと言う持って生まれた運命は、本当に嫌なものです。

個性だと考えようとかいう人もいますが、はっきり言ってそんな個性いらない(笑)

顔がでかい個性とか誰も欲しがらないし、そんなの嬉しいのは芸人さんくらいでしょう。

天然パーマ以外にも、「少数派」と言う持って生まれた個性は、コンプレックスになってしまう事が多いです。

ただ努力次第では改善できるものだし、コンプレックスが自分を強くするのは本当です。

天然パーマでの悩みはつらいかもしれませんが、仕方ないものだと割り切って、他の事を楽しめる余裕を持ちたいものですね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

"); pageTracker._initData(); pageTracker._trackPageview();
PAGE TOP ↑