僕はラブソングが歌えないの感想、ネタバレと類似作品紹介!

ゲーム・漫画
<スポンサードリンク>

「僕はラブソングが歌えない」はNTR(寝取られ)、BSS(僕が先に好きだったのに)好きの人に刺さる漫画で、口コミでひそかに話題になってます。

中のいい女友達がモテ男に全部取られる話なんですが、刺さる人には刺さる話なので気になる人は是非読んでほしいですね。



この作品の見どころ!

自分の仲のいい女の子がいけ好かないヤリチンに次々と取られてしまうドキドキ感、焦燥感、敗北感を味わえ、変な汗をかいてしまう作品です。




↓DMM.COMでの購入はこちら

僕はラブソングが歌えない(上)DMM電子書籍

僕はラブソングが歌えない(下)DMM電子書籍



僕はラブソングが歌えないの登場人物

主人公:鈴木

ごく普通のゲーム好きな高校生。

やさしくて真面目な性格で女友達は多い。

著者の高井唯人さんがモデルだそうです。



主人公の妹:鈴木凛

主人公の妹でちょっとやんちゃな性格。

家に遊びに来るみきと主人公をお似合いのカップルだと思っている。



ヤリチンのモテ男:佐藤裕一

主人公の高校に転校してきたイケメン高校生。

親と仲が悪く大きなマンションに暮らしている。

女好きのヤリチンでハーレムを作りたがり、以前の学校でもセフレが何人もいたらしい。



女友達:竹内みき

主人公と同じクラスの同級生。

幼なじみで主人公の家に遊びに来て、一緒に登校するほど仲がいい。

明るくて天真爛漫な性格。



女友達:川上委員長

主人公と同じクラスで委員長と手芸部の部長をしている。

真面目な性格とは裏腹に、くだらないジョークが大好き。

おとなしい性格で男子とあまりしゃべったことがない。



女友達:山田さくら

主人公と同じクラスで高校からの悪友。

放課後に格ゲーで対戦する仲。

元気はいいが女としての自信はなく、自分に彼氏なんて出来るわけ無いと思っている。



中学の同級生:石川順

主人公とは中学の同級生だが、高校は別の学校に進学。

ゲームオタクで格ゲーもめちゃくちゃ強い。

佐藤とは以前同じ学校で今もセフレの1人。



手芸部の後輩:田中かおり

委員長の手芸部の後輩。

渡辺とは仲良しでいつも一緒にいる。



手芸部の後輩:渡辺のり子

委員長の手芸部の後輩。

田中と仲良し。



僕はラブソングが歌えないあらすじ・ネタバレ

普通の高校生の鈴木は、突然幼なじみのみきに起こされます。

突然の事にびっくりする主人公ですが、みきの方は全然気にしてないみたいです。

一緒に登校するために、鈴木の家に迎えに来たらしい。

みきを家に上がらせたのは妹の凛。

凛は元気に2人をちゃかしながら、自分は先に学校に登校していきます。

楽しくおしゃべりしながら登校していく鈴木とみき。

鈴木はみきのことをただの友だちと思ってるみたいですが、みきの方はちょっと意識してるみたいな雰囲気です。



学校でもそこそこ女子との関わりのある主人公。

委員長である川上さんは頼み事を断れない真面目な性格です。

やさしい主人公は川上さんの仕事を手助けしてくれます。

普段あまり喋らない川上さんは、主人公の優しさにドキドキしてしまいます。



放課後はさくらとゲーム対決する主人公。

負けたほうが勝ったほうの言うことを聞くというルールで勝負します。

さくらをゲームで倒した鈴木は、罰ゲームでプリクラをとらせます。

恥ずかしいと逃げるさくらを、無理やり撮影させる鈴木。

苦手なさくらですが、鈴木からは「かわいいじゃん」と言われてキュンとしてしまいます。

女の子っぽい一面を見せるさくら。



そんな時、クラスに転校生の佐藤裕一がやってきます。

イケメンの佐藤はすぐに女の子に囲まれ、引っ張りだこになってしまいます。

「まぁモテそうな顔出しな」とつぶやく主人公。


そんな中委員長の川上さんは、先生から佐藤に学校を案内するようにと言われてしまいます。

人見知りな川上さんが困っていると、主人公が助け舟を出してくれます。

佐藤に学校を案内することになった主人公。

しかし佐藤は女友達の多い鈴木に対して、こんなことをつぶやきます。

「僕さあ ハーレムを作りたいんだ」



佐藤の不穏な空気を察知する主人公は、女の子を佐藤から遠ざけようとします。

その後も女の子たちにやさしくする主人公ですが、恋愛にうとい鈴木は女の子の気持ちに気づかず、逆に女の子を不安にさせてしまいます。

佐藤と女の子の間に、どことなく怪しい雲行きを感じていく主人公。

不安は日々募るようになり、主人公の頭には変な妄想が広がっていくようになります。



その後も日常は続いていきますが、ちょっとずつ気持ちの変化が見られる女の子たち。

しかし相変わらず仲良く接している主人公です。

そんな時、中学の同級生である順とゲーセンで再会します。

さくらも一緒にいましたが、順と仲の良さそうな鈴木を見て嫉妬しているさくら。

さくらは不機嫌になって帰ってしまいます。



その後2人で話をしている鈴木と順。

そして順から衝撃の一言が出てきます。

「佐藤くん、元気にしてる?」

順は佐藤が転校する前、同じ学校に通っていたのでした。

そして、、

佐藤のセフレだったことを明かす順。

それを聞いた鈴木は固まってしまいます。

そして佐藤から電話がかかってきて、どこかに順は行ってしまいます。

複雑な気持ちを抱えながら、主人公は佐藤の「ハーレムを作りたいんだ」という言葉を思い出します。



ここから物語は怒涛の展開でえっちな場面に突入していきます。

場合によっては具合の悪くなる人もいるかも。



「僕はラブソングが歌えない」は、電子書籍なら「Kindle」「楽天Kobo」。

紙の書籍なら「Amazon」「楽天」で販売されています。

<スポンサードリンク>


電子書籍ならDMM.COMでも発売されています。

僕はラブソングが歌えない(上)DMM電子書籍 僕はラブソングが歌えない(下)DMM電子書籍



感想

僕自身、NTRやBSSに興奮する性癖だったのですごく良かったです。

内心好意を寄せつつも、女性を口説くことが出来ない主人公の前に、モテ男の佐藤が現れ全員あっという間に口説かれて寝取られてしまう展開。似たような気持ちを現実で味わったことがあるので、それがフラッシュバックしそうになりました。

こんな風に気になった女の子を次々と取られていくのは、敗北感を刺激されるせいか興奮してしまいます。しかもこれは現実に起きた出来事をモデルにしたフィクションみたいです。やっぱ佐藤みたいな奴って現実にもいるんでしょうね。

1人を圧倒的に寝取られるのもいいんですが、こんな風に複数を全員取られるのが僕は好きです。こんな作品は常に探しているので、良かった作品は後ほど紹介します。



「僕はラブソングが歌えない」続編について

こちらは現在続編は発売されておらず、発売される予定もないようです。

個人的には7人の女の子と佐藤との関係がどうなっていくのか、続きも知りたかったんですが。

なお続編は発売されませんが、同じテイストの物語で「肌色の青春」という作品が発売されています。




この作品は実話を元にしたフィクション!?k君って誰?

僕はラブソングは歌えないにはモデルがいるそうです。

作品のラストにはこんな文面が書かれています。

「この物語は実在するk君をモデルに書いたフィクションです」

つまりk君=佐藤と言う事になるんですが、k君という相当なヤリチンが実在したみたいですね。

なお鈴木君のモデルは著者の高井唯人さんみたいです。

きっと学生時代に同じような体験をしていて、それを元にこの作品が出来上がったんじゃないでしょうか。



「僕はラブソングが歌えない」 類似作品について

僕はいろんな作品に手を出してきましたが、ここでは「僕はラブソングが歌えない」の類似の作品を紹介していきたいと思います。

複数の女の子全員寝取られ系の作品たちです。


イロヨリドリ

主人公の幼馴染、憧れの女の子、友達や知り合いが、ヤリチンに次々と落とされてしまう物語です。

漫画でなくボイス有りのADV形式という作品。

絵が抜群に綺麗で、1人1人落とされる描写が丁寧に書かれています。

イロヨリドリをDMM.COMで購入する


魔剣士リーネ

とある戦国の世で女戦士たちを率いて戦うゲームです。

戦いに負けると女戦士が敵側に取られ、好き放題されてしまいます。

ゲームですがゲーム要素はかなり薄くサクサク進められます。

魔剣士リーネをDMMで購入する


魔剣士リーネ2

前作と少し関連性のある続編?です。

あらゆるシステムがパワーアップしています。

今度は敵側に女戦士を取られるだけじゃなく、性格最悪な国王がハーレムを作ろうとしてきます。

魔剣士リーネ2をDMMで購入する



まとめ

「僕はラブソングが歌えない」は、発売から数年立つにも関わらず未だに売れている名作漫画です。

近年はカラミざかりなどの寝取られ漫画がブームになっていますが、こちらはまた変わった嗜好で楽しむことが出来ます。

寝取られ好きでまだ読んでいない人は、とても楽しめると思うので是非どうぞ。


↓DMM.COMでの購入はこちらです

僕はラブソングが歌えない(上)DMM電子書籍

僕はラブソングが歌えない(下)DMM電子書籍



<スポンサードリンク>

コメント

タイトルとURLをコピーしました